2019年9月29日日曜日

【技術メモ】ddで取得したディスクイメージを小さくする方法

みなさーん。

ddしてますかー。

さて。RaspberryPiのディスクイメージを取るときは大体みなさんddを使うと思うんですが、大体ディスクイメージってそのメディアのサイズ作られますよね。16GBとか。

で、もうちょっと小さいメディアに使いたかったり、メーカーが違って微妙にサイズが違ってて書けないなんてこともよくあります。
もっとインスタントにディスクイメージのスナップショットを残しておきたいなんていうこともよくあります。

ということで、ddで作ったディスクイメージを小さくする方法をコマンド履歴から抜き出してまとめただけのメモを作りました。




やっていることは単純で、
  1. ディスクイメージを/dev/loopNNにアタッチする
  2. ファイルシステムを切り詰める
  3. パーティションサイズを小さする
  4. ddで小さくしたディスクイメージを再出力する
  5. /dev/loopNNをデタッチする
という流れです。

基本的にはgistを貼り付けて終わりのですが、とりあえずコツというか、勘所としては「ギリギリを攻めすぎない」ことかと思います。

メインのハマりどころになる部分はファイルシステムのサイズとfdiskでパーティションを「一旦削除する」という作業ですかね。

0 件のコメント :

コメントを投稿