2012年12月9日日曜日

【IT】見知らぬDHCP

今回はちょっとした備忘録的な内容です。

最近、家族からネットワークにつながりにくいという苦情をうけていました。
家内ネットワーク管理者として調査をしましたところ、どうも変なDHCPがある時期を境に、発生しているようだということがわかりました。

たどり着いた結末は。

続きはこちらからどうぞ。。。

いきなり結論を書くと、

テレビが悪さをしていました。

最近のテレビってLAN接続のHDDだったり、USB接続のHDDだったりに録画出来るようになっています。大変便利になりました。HDD買うだけで録画できてしまうんですから。

が、普通のご家庭ではLAN接続のHDD(いわゆるNAS)を設定したりするところで難易度が高かったりするのでしょう。

レグザたんはこれを容易く回避するためか、ある方法をとっているようです。

レグザたんにLAN対応HDDを接続すると、パソコンとかなくてもいきなりHDDが認識するし録画も出来る。

つまり、、、

レグザたんは初期状態でDHCPサーバが起動している!

と。

え?マニュアルに書いてある?

そ ん な の 知 り ま せ ん (お

どーりで変なアドレスを返しているDHCPがいたわけだ。

今までこれが発生しなかった理由は、単純に先日ルータの設定を変更したからっていう単純な理由なんですがね。DLNA関連とOPPOのリモコンアプリとその辺を動作させるために。

0 件のコメント :

コメントを投稿