2012年1月9日月曜日

【Linux】WinPCが無いけどLinuxをUSBメモリからブートしたい

先日、自宅のPCがすべて(嫁や子どもたちが使うPCは除く)Linuxになりました。

もともと使っていたPCのデータは新しく構築したファイルサーバに全部移動したので、作業機になったメインPCはあれこれお試しができるようになりました。

が。

WinPCが無けりゃ無いで不便だってことに気づきまして。

特に、
Linuxを入れるためのインストールDVD(CD)を展開したUSBメモリを作る方法
とか。
で、とりあえず無難そうな方法があったのでメモ。


unetbootというToolを使う方法でした。
使い方は簡単。

  • ダウンロードする。(それぞれの環境に合わせてください。)
  • 必要に応じてPermissionを追加してください。
  • あらかじめインストールメディアのISOあたりをダウンロードしておいてください。
  • 実行して、ISO指定して、ポチっとやっちゃってください。
  • USBメモリの中身はすべて初期化されそうです。気をつけてください。
と、こんな具合。いつもTool名をすぐ忘れてしまうのでメモ。

今回入れたのは
  • LinuxMint12
  • LinuxMintDebian

の2種類。
いずれも老朽機Thninkpad X40へのインストール。

日本語への対応とか、思ったほど面倒ではなかったのがUbuntuベースであるMint12の方。
DebianVerの方はFontとか他のアプリとかいろいろやると結構面倒でした。

0 件のコメント :

コメントを投稿